最初に買うべきものはこれ!!

おすすめ

こんにちは!かかしです(゜~゜)/

前回「デイキャンプってなに?」という記事を書いたのですが、
いざデイキャンプに行くぞってなった時、必要なものがわかりませんよね。。。

そこで、かかしが思うデイキャンプに必要なグッズをまとめてみました!

デイキャンプに必要なものはこれ!

細かく見ていくと必要なものはいっぱいありますが、これさえあればデイキャンプはできます。

イス

もちろんデイキャンプは外でするので、ゆっくり座れる場所は必要です。

ごはん食べる時も、食べ終わってから椅子でゆっくりする時間はサイコーですよ(゜ω゜)

daim アウトドアチェア calchere 耐荷重 90kg アウトドア キャンプ椅子 キャンプチェア 折りたたみ椅子 イス 高耐久 軽量 軽い コンパクト ステンレス フレーム レジャー 1人掛け 釣り フィッシング キャンプギア 送料無料

テーブル

飲み物や食材などをおいたり、調理するときに必要になります。
さすがに食材を地べたで切ったり、置いたりするのは衛生的にも嫌ですよね。。。

かかしのおすすめは、
こぼしてもすぐに拭けて、熱いものをそのまま置けるスチール製のテーブルです。

調理器具

何を食べるかによって用意する調理器具は変わります。

BBQならBBQコンロが必要になるし、ご飯を炊きたいならメスティンやダッジオーブン、飯盒(ハンゴウ)などが必要になります。

初めてのデイキャンプなら、かかしは断然家にあるカセットコンロをお勧めします
便利だし、なんなら買わなくて済む(゜ω゜)

スタイルに合わせる

必要なものを3つあげました。

調理器具に関しては、本格的なキャンプを想定するより荷物は多くなりますが、
家にあるものを持って行くと楽ちんです。包丁、まな板、フライパンとか、、、

また、やってみたいスタイルによって、椅子やテーブルも変わってきます。
キャンパーはこだわりがある人も多いので、悩むところ(゜~゜)

ロースタイル:脚の低い椅子 ⇒ テーブルが低いもの
ハイスタイル:脚の高い椅子 ⇒ テーブルが高いもの
お座敷スタイル:椅子いらない ⇒ テーブルが低いもの

デイキャンプであったらうれしいもの

椅子やテーブル以外にも、あったらうれしいものがいくつかあります。

タープ

時期によっては日差しが強かったりするので、日陰を作るのに必要かなと思います。

夏は避暑地以外行けたもんじゃないですが、それ以外でも脱水症状や日射病の対策としてあったら持って行きたいです。

テント

タープと一緒で日陰をつくることができます。
タープとちがうのは中で着替えたり、ゴロゴロできるところ_(。^。)_

タープよりはかさばるので、簡易的なサンシェードやポップアップテントがデイキャンプにはおすすめです。

クーラーボックス

食材や飲み物を冷やすために必要になりますが、デイキャンプの場合は日帰りなのでそこまで重要ではないかも。

かかしは常に冷たい飲み物が飲みたいので必須です(゜ω゜)

キャンプ初心者はとりあえずデイキャンプをやってみよう!

まだキャンプをしていない人やキャンプ初心者はデイキャンプをするといいと思います。

理由はいくつかあります。

キャンプとデイキャンプの違いは宿泊するかしないかの違いなので、荷物の量が違いますし、デイキャンプをキャンプの練習としてすることができるからです。

デイキャンプでテントやタープを張る練習をしてみる。

また、薪や炭を使うなら火をつける練習にもなります。

キャンプをしていると以外と日が暮れるのが早いので、
テントを立てるのに時間がかかったり、なかなか火が付かないなんてことになったら(゜-゜)

デイキャンプをしてみて、いるいらないがわかってくるので、
まずはデイキャンプをしてみるといいかもしれませんね。

まとめ

デイキャンプに必要なもの
□椅子
□テーブル
□調理器具

スタイルによってイスやテーブルなどの高さが違うので、ロースタイルなのかハイスタイルなのかはたまたお座敷スタイルなのか自分がどのスタイルでデイキャンプをしたいのか決めておこう
(゜ω゜)

デイキャンプにあるとうれしいもの
□タープ
□テント
□クーラーボックス

キャンプ初心者はデイキャンプをキャンプの練習としてすると今後キャンプでの失敗を減らせるので、デイキャンプをまずはしてみると良いと思います。

ということで、まずは自分がやってみたいスタイルを決めてしまうと、道具選びもスムーズになるかなと。

今回はこの辺で。(゜~゜)/

タイトルとURLをコピーしました